読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軍艦島とも呼ばれる鳥の楽園「見附島」

能登半島の隠れたパワースポット「NOTO.えんむすび~ち」からのお話し

今日は「ヨバレ」最初のピーク!!

こんにちは。

今年は土曜日にお祭の日にち変える町内多くて最初のピーク迎えました。

小生も2軒だけですが町内が違うので移動に時間かかる見込み。

酔いを醒ますにはいいんだけど( ´艸`)

 

そんなわけで今日は手短に・・・ゴメンナサイ

 

9月7日付け北陸中日新聞より抜粋

妻と夫の定年塾:西田小夜子

「省ちゃんは幸せだよな。おれは幸福なんかとは無縁だ。はっきり言って不幸な人間だよ」

友達の口から出るのは不満ばかりだった。

ふしぎなのは、不平不満を並べる時の彼が生き生きと元気なところだ。

二日前には、何年も通っている歯医者さんの悪口や、年金が減額されることへの怒りを延々と聞いて、くたびれた。

「腹立たないのかよ。省ちゃんはよっぽど幸せなのか、鈍感なのか、どっちだ」

と、失礼な男だ。

省三さんの場合

「ま、こんなもんだろ」

と前向きにあきらめる。

耳が遠くなるばかりなのは、補聴器の質が悪いのでなく、年取って限界がきたからだろう。

年金が減らされるのも、長寿の高齢者があまりにも多く、国の予算が追いつかないと言われれば、我慢するしかないじゃないか。

先日は近所の高齢女性が、隣に住む老夫婦に嫌みをぶつけているのを見た。

死ぬ前に台湾旅行の夢をかなえたい二人に向かい、

「日本には貧しい老人が多いのに」

と怒鳴ったのだ。

余計なお世話だろ、と省三さんはあきれてしまった。

幸福も不幸も心の持ちようだと思う。

不満だらけの友達は、実は金持ちだった。

貯金が減るのが、怖くてたまらないらしい。

「早い話が幸福になる方法を探して苦労するより、自分はこんなとこが幸せだと数えてみる。意外にあるよ、幸福ってもんは」

友達は皮肉っぽく

「ふふん」

と笑うばかりだった。

(作家・夫婦のための定年塾主宰)

 

(゜-゜)お金持ちって・・・

文句言っててもヤッパリたまるんだろうなぁ~

お金( ´艸`)

f:id:gunkanjimamitsuke:20160911180429j:plain

てなわけで、お金持ちの家のお祭行ってきます。