読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軍艦島とも呼ばれる鳥の楽園「見附島」

能登半島の隠れたパワースポット「NOTO.えんむすび~ち」からのお話し

見附島と満月

こんにちは。

いよいよ中秋の名月

今は晴れてるけど雲が多いよねー。満月撮れるかな?

いまの小生の腕じゃ無理だろうな!断言します( ´艸`)

今日はロータリークラブのお昼例会で、会長さんがダスキンの「喜びのタネまき新聞」No.574に載ってるお話しされたので書かせていただきます。

f:id:gunkanjimamitsuke:20160915162337j:plain

【喜びのタネまき新聞】
  読む人の幸せを心に願って作る「喜びのタネまき新聞」 読む人の幸せを心に願って作る「喜びのタネまき新聞」
喜びのタネまき新聞

ダスキンでは"読む人の幸せを心に願って作る"ことをテーマにしたコミュニケーション紙「喜びのタネまき新聞」を発行しています。

1971年7月に創刊され、当時から、サブタイトルである「読む人の幸せを心に願う」気持ちを変えることなく発行してまいりました。
 現在発行部数は、全国で約430万部。4週間に1回、ダスキンをご利用のお客様にお客様係から商品と共に直接お手渡ししております。
.
紙面には、人と人とのふれあいを感じさせる話題などを取り上げた特集企画や、読者から寄せられる心温まるおたよりコーナーなどのを掲載しております。また、この新聞を作ったダスキン創業者・鈴木清一のことばも毎号1話づつ連載しております。
これからも、皆様に喜んでいただける新聞となるよう励んでまいります。

「愛の輪からのコラム」

みんなと一緒に、私たちができること。9より

愛の輪から世界へ。

第30期研修派遣生・木村敬一さんは、先天性疾患のため2歳で全盲になり、小学4年生の時にお母さんの勧めで水泳を始めたそうです。その後、徐々に頭角を現し、2008年の北京パラリンピックで3種目に入賞、2012年のロンドン大会では開会式の旗手を務め、2種目で銀・銅メダルを獲得。

今年のリオデジャネイロ大会も3大会連続で代表選手に選ばれ、金メダルが期待されています。

愛の輪は世界へ羽ばたく若者をいつも応援しています。

www.ainowa.jp

知られないところで誰かを企業が応援する!

話を聞いて素晴らしいと思いました。選手のみなさん頑張ってください。

 

今日は「ヨバレ」回るとこ3軒なんだよなー。

満月と見附島どころじゃないかも・・・ふ~

でも、曳山も撮りたいし、人形も撮りたいし、酒も飲まなきゃならないし・・・